すぽーつ

趣味でトライアスロン(スイミング・サイクリング・ランニング)をしています。

高知県推奨サイクリングコース「上級者向け」11コースの紹介です

高知県庁ホームページに推奨サイクリングコースが発表されました。

高知県だと起伏に富んだコースが予想されますね( ^ ^ )

雄大な太平洋に面した海岸沿いのルートや、最後の清流四万十川沿いのルート、アップダウンの連続する中山間のルートなど、サイクリング愛好者の様々なニーズに応えることのできる魅力的なコースと、幕末維新の志士像等の歴史を辿るスポットなどの観光資源を活かし、自転車ファンが楽しむことができるコースを、県内全域に43コース設定しました。

高知県推奨サイクリングコースを設定しました | 高知県庁ホームページ

 

室戸世界ジオパークコース

【コースの特徴】

高低差が少なく、豪快な太平洋を堪能で きる海岸線と、高低差が多い山間部を楽し めるコース。途中にある海洋深層水を使った 「シレストむろと」では、日帰り利用も可能で、 疲れた体を癒すことができる。

 

物部秘境輪道

【コースの特徴】

前半に三宝山を制覇し、物部川沿いを上 りながら、べふ峡温泉を目指すコース。ルート 上におしゃれなカフェが点在しており、カフェ巡 りも兼ねて楽しめる。

 

大豊パワースポットコース

【コースの特徴】

国の重要文化財に指定されている旧立川 番所書院と、標高750mに立地する高原リ ゾートの「ゆとりすとパークおおとよ」を目指す コース。特に、「ゆとりすとパークおおとよ」を目 指す急勾配の上り坂は、上級者の挑戦意 欲をかきたてる。

 

パシフィックオーシャンロード

【コースの特徴】

アップダウンが少ない海岸線沿いと、起伏 が激しく、体力が必要な横浪スカイラインを 合わせたコース。雄大な太平洋を横目に走 行でき、すばらしい眺望が堪能できます。

 

早明浦ダム周回コース

【コースの特徴】

四国中央部の四国山地の絶景を望める 山岳コース。後半には、吉野川源流から四 国の水瓶「早明浦ダム」を望む景観が楽し める。

 

四国のてっぺん UFOラインコース

【コースの特徴】

標高差が大きく、体力の必要なコース。標高1,300m~ 1,700mの尾根沿いを縫うように走行するルートは、天空へ と続く絶景で、晴れた日には石鎚山系はもとより、太平洋ま で見渡せるダイナミックな景色が続く。 サイクリングの後は、「木の香温泉」で疲れた体を癒すことが できる。

 

奇跡の清流仁淀ブルーコース

【コースの特徴】

アップダウンが比較的少なく、初級者から 上級者まで楽しめるコース。仁淀ブルーとい うネーミングで知られる仁淀川沈下橋など の風景に、走るだけで癒され、幸せな気分に なれる。

 

目指せ!四万十源流点コース

【コースの特徴】

2つの河川を楽しむコース。前半は、安和 海岸沿いを走り、久礼坂を一気に上って、 四万十川の源流点を目指し、後半は、ニホ ンカワウソが最後に目撃された新荘川沿いを 走る。

 

雲の上の天狗高原横断コース

【コースの特徴】

蛇行しながらのアップダウンが多く、持久力 が求められるコース。日本三大カルストの一 つである四国カルストに位置する天狗高原 を、石鎚連峰から太平洋まで雄大な景色を 楽しみながら走行できる。

 

四万十ヘブンズロード

【コースの特徴】

最後の清流四万十川の景観と一体となっ て走行できるコース。前半は、四万十市から 黒潮町方面に向けて海に面したルートを 走った後、四万十川の上流を目指して山間 部に入り、後半は、四万十川に沿って下る。

 

足摺チャレンジングコース

【コースの特徴】

標高差が比較的少なく、南国ムードが満 喫できるコース。四万十市をスタートして、足 摺岬方面へ南下し、雄大な太平洋を望む 海岸線沿いに土佐清水から宿毛方面へと 巡る。

 

こうやってコースを見ると高知県は広い!!と感じますね。